Skip to content

横浜でスマホ修理ができるパターンを理解する

神奈川県の横浜市に住んでいる人の中には、スマホ修理のことで悩んでいる人もいます。スマホは、今や日常生活に欠かすことができないものです。そのため、スマホが壊れてしまった場合には生活そのものが不便になるケースも少なくありません。スマホでビジネスをしている人なども多く、これが壊れてしまえば、ビジネスそのものの動きが止まってしまいます。

これを避けるためには、故障だと感じた場合、すぐに横浜のスマホ修理業者に依頼するのが良いでしょう。横浜のスマホ修理業者にもっていく場合には、どのような故障パターンがあるでしょうか。故障のパターンの1つは、ボタンが反応しなくなったことです。ボタンが付いているものに関しては、そのボタンを押すことにより画面を切り替えることが可能です。

あるいは、スリープモードになっている状態からボタンを押すことで、スリープモードを解除し動かすことができるわけです。このボタンが壊れてしまえば、心臓部分がやられたようなものです。そこで、これを使えるようにするためにはすぐに修理をした方が良いでしょう。修理をする場合には、ボタンの接触を良くすることが必要です。

ボタンの接触を良くするためには、フレックスケーブルと呼ばれるものを交換することです。フレックスケーブルは、ボタンに付随しているもので、これが接触不良を起こすと動きがなくなるか意味のわからない動きをするようになります。このケーブルに関しては、交換すること自体はそれほど難しくありません。そのため、修理料金もそこまで高くないケースがほとんどです。

概ね5000円以内で元通りに戻すことができるでしょう。ただ、種類によってはケーブルの在庫がお店になることがあります。この場合には、取り寄せをするしか方法はありません。取り寄せをする場合には、2日から3日ほど待たなければなりません。

もし、お店に行き修理をすることができないとわかれば、再び別の日にお店に行かねばならず、二度手間になってしまいます。この場合、予めお店に連絡を入れておけば、在庫があるかどうかを把握することが可能です。故障のパターンとしては、マナーモードスイッチが反応してしまう場合です。マナーモードは、静寂を保たなければいけない場所や音を鳴らしてはいけない時に役立つものです。

ですがこのボタンが壊れてしまえば、もはや電源を切るしか方法がなくなるでしょう。そこで、このボタンを交換するための修理をスマホ修理業者に任せることで、どこに持っていっても不便はしないでしょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です