Skip to content

スマホ修理横浜に音量ボタン修理を依頼しよう

スマホの音量ボタンの調子が悪くなってきたり壊れるなどの現象が起きた場合には、出来る限り早いうちに直したいところです。そもそもスマホの音量ボタンの位置は、本体の左上にあるのが一般的であり、音量を上げるものと下げるものの二つが存在しています。サイレントスイッチと呼ばれるものは、これとは別の音量に関するスイッチの一つで、通信音や通信音を消してバイブレーションに切り替えるためのものを指しています。サイレントスイッチの側にはオレンジ色が見えることがありますが、これがオンになっている状態です。

音量ボタンは別の用途も兼ねていて、強制再起動を行う際にも使われることになるでしょう。スマホの音量ボタンが壊れる原因にはさまざまなことが考えられますが、落としたりぶつけたりすることにより強い衝撃や力が加わった場合には、うまく機能しなくなったり陥没してしまう可能性があります。同じような理由として、強く押しすぎることによって強い力が加わるのでおかしくなることもあるでしょう。水没させてしまった場合にも壊れる原因として考えられます。

またボタンの異常とは異なりソフトの問題やシステムエラーによるケースもあるため、十分に注意しましょう。特定のアプリに問題があるケースも多く、この場合にはアプリ自体の問題である為、別のアプリを使うなどして工夫することが求められます。スマートフォンの音量ボタンを押したとしても、音の強弱の調節ができなくなってしまった場合には、まずは再起動を試してみましょう。これにより元通りに使えるようになる可能性もあります。

そして初期化をすることにより作動しなくなった原因を取り除くことも可能です。しかし初期化をするとなると、中のデータはすべて消去されてしまいます。あくまでも自己責任で行い、消したくないデータに関しては必ずバックアップを済ませてから行うようにしましょう。このような様々な対処を行ったとしても直らないという場合には、正規店や非正規店を利用してスマホ修理横浜を依頼することになります。

このうち非正規店でスマホ修理横浜を依頼するメリットとしては、比較的リーズナブルな価格で修理ができることです。キャリアショップの場合には修理が終わるまでに多くの日数がかかることも珍しくはありませんが、非正規の場合には即日修理も可能です。スマホの音量ボタンは壊れたまま放置してしまうと、不具合がどんどん大きくなってしまうことも予想されます。早いうちに修理しておくことによって、簡単な作業だけで済むケースもあるため、出来る限り早い段階で、スマホ修理横浜に依頼しましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です